2017年08月22日

303WA-2 vs 某アクティブループ

某アクティブループを屋外仮設ではありますが、303WA-2と比較してみました。
画像にはありませんが中波帯、FM帯(対比アンテナはFM用)も検証しています。
確かにSは触れますがフロアーも上がりノイズも増幅。
地元中波、FM局の送信アンテナが見える場所ですので、お化けも発生。
(アンプですので当たり前と言えば当たり前)
少なくとも私の環境では使い物にはならないと判断
トータル的に見て303WA-2を超えるアンテナには出会えません。

AplexRadio 303WA-2 31mB
303_31mb.jpg

某アクティブループ 31mB
opa_31mb.jpg


AplexRadio 303WA-2 40kHz(JJY) 
303_40khz.jpg

某アクティブループ 40kHz(JJY) 
opa_40khz.jpg


このアンテナを使ってKiwiSDRでと構想がありましたが、全て白紙にしました。
これとAplexRadio LS300Aはオークションに出そうかな・・・。

posted by BCL-INFO at 14:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ
この記事へのコメント
なかなか難しいものですねえ。ちなみにうちでは10mのロングワイヤーが結構使い物になってるのが不思議です。
Posted by せきやま☆あすか at 2017年08月22日 15:18
せきやまさん、コメントありがとうございます。
一番は、アンテナよりロケーションですね。
Posted by えす at 2017年08月22日 17:33
いつもお世話になっています。
KiwiSDRを運用していますが、私のところも中波の強電界地域なので、アクティブループアンテナでのお化け発生に苦労してます。これではKiwiSDRの面白さが生かせないので、逆に303WA-2を専用アンテナとして導入することを検討してます。
楽しいですよ、KiwiSDR。(と何げに背中を押してみる)
Posted by at 2017年08月22日 21:35
どさん、コメントありがとうございます。
どさんのブログを拝見してKiwiSDRについて参考にさせて頂いてました。
ちょっと背中を押されてみますかね(笑)
Posted by えす at 2017年08月22日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180736172

この記事へのトラックバック